スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ウエライドTAS詳細解説記事


この動画良く分からんって人の為に、軽い解説を。

BGMはワイルドアームズ クロスファイアから「幸せを侵し、未来を略奪」。
WAシリーズでも「バトル・VSロードブレイザー」に次ぐレベルの名曲だと思います。
XFは他にも良曲が多く、ゲームも割としっかりした作りなのでオススメ出来ます。

ではまず、ウエライドの専門用語を覚えておきましょう。


ドリフト
横滑り。直前の速度を維持しながら機体角度を変える事が出来る走法。
エアライドでのワープやターボに慣れていれば簡単に出来ます。
デビルやスリックに慣れ過ぎてる人とっては感覚を掴むのに少し苦労するかも。
基本的にはドリフトせずに直進した方が速度が出ますが、
直進の場合、一定の距離まで進むと一気に減速するので、それを防ぐ役割もあります。
どのコースでも特に重要なテクニックです。もちろんフリーランでも。

パターン
エアライドTA同様、アイテムの発生タイミングとギミックの周期は全て固定されています。
アイテムの発生位置は基本的に自機の前方になります。

寿命
落ちているアイテムが消えるまでの時間。
アイテムによって異なるが大体500F(8秒)程。
迷惑な仕様ではあるがこれがあるから深い。

スピンアタック
大体後述のリムーブに使用します。アイテムを回避する効果もあります。
ウエライドのスピンアタックの効果はエアライドやシティとは異なり、使用する事で減速が起こりません。
また、チャージ中や空中でも使用する事が出来ます。
ただし、スピン終了後に現在溜めているチャージを全てリセットしてしまう効果があるので、
チャージ中にスピンする場合はスピン終了時間を常に意識しなければなりません。
ウエライドの仕様の都合上、リムーブを使用する場面はほぼ確実にチャージ中なのでかなり迷惑です。
っていうかその仕様のせいでRTAでは使っている暇がまるでありません。

リムーブ
スピンを使用する事により、アイテムを外すテクニック。
外したアイテムは残りの効果時間に関わらず再び規定の寿命までその場に残り続けます。
スピードアップからチャージアップに切り替えたい時や、後述のリサイクルなど、様々な場面で重宝します。

リサイクル
リムーブによる寿命リセットを利用したテクニック。
落としたアイテムを再び拾って再利用(リサイクル)します。
アイテムの効果時間もしっかりリセットされているのでかなり重要です。

次にアイテム。二つしか使いません。

スピードアップ
マシンの基本速度を底上げする。
チャージダッシュ後の速度は通常の1.5倍以上になる為、直線で絶大な効果を発揮します。
曲がり角も少量のチャージでかなり加速する為、地味ながら非常に強力なアイテムです。
直線と緩やかな曲線が多い砂、空、炎、鉄で活躍します。

チャージアップ
地面との摩擦力を上げる、平たく言うとチャージ速度を上げるアイテム。
直線でも曲線でも大幅に加速する事が可能。その為基本的にスピードアップより優先度が高め。
壁に当たった衝撃も吸収してチャージに還元するので、厄介なカーブもこれ一つでゴリ押し出来ます。
場合によっては壁に当たった方が曲がりやすくなり速くなる場面もあります。水が代表的。
草、空、光、水でメインで使用します。


では各コースの解説に移りたいと思います。


走法がはっきりしてて一番追記回数が少ないところ。
故に最も更新しやすいかもしれません。ウエTASに慣れてない頃に作ったし。
水同様曲がり角が多く、どうやって曲がるかに悩まされました。
チャージアップをリサイクルすればもう少し速くなるかもしれません。


こちらも走法がはっきりしているところ。
そして実機と最も差が無いコースです。
1周目2周目はFRと同様の走法です。
3周目開始時のスピードアップをどう取得するかで追記がかなり重なりました。
速過ぎてアウトコースにスピードアップが出現してしまったので、ここで実機と差が縮んでしまった場面ですね。
アイテム発生のメカニズムの都合上、4周目開始時まで実機と殆ど差が出なくなってしまいます。
5周目の終盤でスピードアップが切れたので即座にチャージアップに切り替えてゴールしました。
ここでチャージアップしなかった場合は14"80程です。
ブロスティさんが本気で怖いと思ったコースです。これ以上縮まるかどうかは不明です。


ロングコース。
リムーブとリサイクルが滅茶苦茶映えるコース。
どちらも使用しなかった場合は28"53です。
厄介な仕掛けが多いものの全て対処出来るレベルなので特に苦労した所はありません。
ただスピンの使用タイミングに困った。


2周目中盤の間欠炎にめちゃくちゃ悩まされたコース。
判定が消えた瞬間に抜けるか、下を通るかのどちらかで悩みましたが前後の繋がりを意識して前者にしました。
それ以外では他と同じような苦労しかしてません。
チャージアップが出ないのが残念なように見えますがここはスピードアップが全盛期なので特に問題は無い。


かなりの難産でした。
短くてレール使用してるので実時間は砂並ですが、度重なる同期ズレにより4回も1から作り直すという結果になり、
追記回数がアホみたいな量になりました。ちなみに最後の1回だけを計算すると855回なので2番目に少ないです。
何度もやり直す事により結果的に記録がかなり縮みました。これ以上の更新は不可能だと思います。
1周目、3周目はレール使用の方が繋がりも良くて普通に速いです。
緑レールの脅威的なスピードにビックリ。
RTAでも使われるテクニックですが、レール中にプッシュを長押しすると大幅に加速します。


一番長いコースで、実機と最も差が出たコース。
厄介なヘアピンが3回もあるので滅茶苦茶イライラしたコース。
一応カーブは現状出来る最善をしたつもり。これ以上は厳しいと思う。
ただ他の要素で縮むかもしれない。


高速で回転する板。
当たると0.5秒くらいロスします。ふざけてんのか。
これの回避にかなり悩みました。インをつけば当たらないんですが、
スピードアップを持っている場合はインを突くよりも速く曲がった方が速いので結果的にアウトになってしまいます。
動画ではかなり速いためわかりにくいですが、判定ギリギリを避けて通ってます。1Fズレるとアウト。
それ以外にも回転する歯車とかにも悩まされました。マジでうぜえ…


鉄の後に空を作り直して、その時に累計追記回数が9988回だったので11回無駄な追記をして9999回にしました。
成し遂げたぜ。

適当な解説ですがまあこれで割と充分だと思います。
暇があれば解説動画作るかも。暇があれば。

総計タイム:02'31"98
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ペリー

Author:ペリー
エアライドプレイヤーのペリーです。
このブログではカービィのエアライドの事しか殆ど書かないため注意して下さい。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。