スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フリーラン サンドーラ ジェットスター 00'25"75【TAS】



もっと行けると思います。
とりあえず妥協したところは無いですけど、正直テストランです。
色んなところを見直すとボロが出ると思います。
スポンサーサイト

フリーラン プランテス ヘビースター 00'13"90

久しぶりのブログ更新です。
今回の記録は色々と書く事が多いので…



プラヘビという組み合わせに注目した理由は、プランテスFRにおいて現状唯一の15秒台だったからです。
何とかして14秒台に乗せたくてエアライドをプレイ出来ない時期に色々と試行錯誤しました。
まず、練り込まれたプラヘビをどう更新するかで悩みましたが、
やはり走法を変えるしか無いという事で、2通りの新しい走法を考えました。

まず一つ目は吊り橋で飛び上がる事を利用して、ダッシュプレートの近くまで飛ぶ事でチャージ時間を省く方法、
もう一つは動画で使用してるダッシュプレート使用後飛び上がり、そのまま再チャージ無しでゴールまで目指す事。
前者は結果的に遅くなりアウト。
後者は最後までチャージが残せなくてアウトの場面が多くて当初は失敗だと思ってたんですが、
洞窟内の段差で飛ぶ事をせずに即着地で最後まで持って行けるという事に気付き、細かい調整を行って現在の走法へと昇華されました。
おそらくこれから先プラヘビの走法は一切進化はしないと思います。

ちなみに理論値はたぶん13"40くらいです。
スクーターにはまあ勝てません。

では重要なポイントを解説していきましょう。

①スタート
スタートは普通です。
いつもと変わらないスタート。
右の方が段差が高いので、意識すれば良いかもしれませんが、殆ど影響はありません。
ここからダッシュプレートまで特に大事な要素はありません。

②ダッシュプレート付近
チャージしながらダッシュプレートへ。
チャージ終了時にダッシュプレートを踏んでいるような感じだと◎。
ただし少しでもズレると速度が大きく落ちたり、ダッシュプレートを踏むまでの時間が長くなる点は要注意。
この踏むまでの動作で私の記録では0.4秒程損しています。その後の動作はほぼ完璧ですが。

③ダッシュプレート多段踏み
ここで踏み方が二つに大別出来ます。
どちらを選ぶかは個人の自由ですが、チャージが残りやすい後者が良いと思われます。

・2回短く踏む
これの魅力は(慣れれば)ほぼ確実に90km/h以上が出せる点。
上手く行けば98km/h程出せれます。
プッシュボタンを押す時間は限界まで短くしましょう。
大体2F〜4Fくらいにしないと減速します。
踏み方ですが、DPの一番手前で1回、DPの先端でもう1回を心がけましょう。
これでほぼ確実に90km/h程出せます。慣れですが。
図説するとこんな感じ。
DP.png

これのメリットは安定する事。
デメリットはチャージの絶対量が必然的に少なくなる事。
これは他の全てのステージでも意識しなければいけない、所謂ヘビーを使用する上の暗黙の了解のようなものです。
ヘビーを使いたい人は覚えておきましょう。

・3回連続で踏む
他のマシン同様、3回連続で踏む事。
ただし前者と同じく、「短く」、「確実に」、「まんべんなく」踏む事を余儀なくされるため、
大抵3段目がダッシュプレートから外れたり、どれか一つが長くなってしまって失速してしまいます。
ただし成功すれば前者のよりも速くなり、更にプッシュ回数の増加によりチャージがより残るようになります。
難易度は前者よりも数段高くなりますが、もしこれから更新を狙っている人はコレをオススメします。

④大ジャンプ
ここは「速度」、「XYZ方向への機体角度」、「ジャンプ位置」によってジャンプの高さと速さが大きく変わって来ます。
記録が出るかどうかの重要なポイントです。
ジャンプして最高点に到達したら横の角度を調整して、スティックをいっぱい下に引き、機体を上に向けます。
機体を上に向ける事で上昇加速が起こり、着地時のスタート速度が上昇します。最大で72km/h程。
機体を上に向けている間は絶対に横の角度を調整しない事。失速します。
つまり、横の角度を合わせる→機体を上に向けるの順番に操作をこなす事。

⑤洞窟前後
ここが重要な局面。
洞窟の侵入口辺りで速度にも寄りますがほぼ機体が浮かんでしまいます。
速度が70km/h以上ある状態で真ん中を真っ直ぐ通ると100%の確率で機体が浮きます。
現状成功例無し。ちなみにスピンをする事で飛ばなくなりますが、その後の影響はお察し。

では、この辺を詳細解説しましょう。
なんと500周分のデータを取りました。

まず、侵入ルートですが、大きく分けて二つあります。
ルート②
まず、このルート。
高成功率、低難易度を揃えた安定ルート。
侵入口から右ルートと名付けます。
岩盤ゾーンに入る境目の左側で、機体を右に合わせて、下に引きながら着地し、
左→右と進路変更しながら、最終的に入り口の右から侵入するルートです。
ルートを完璧に把握すれば、成功率が約75%とかなり高い確率で浮き上がらず進めます。
しかし図説を見れば分かる通りにかなり大回りになるため、結果的にこのルートでは0.2秒程損します。
専らTA向きだと思います。

ルート①
次にこのルート。
図説の通りの角度で上に向けながら着地します。
右から左に進路変更というより、この着地位置から真っ直ぐ洞窟に侵入するルートです。
洞窟の左側に侵入する事になるため、左ルートと名付けます。
斜めの道の最短距離を真っ直ぐ通るため、このルートが最速となります。
右ルートに比べると速度に差は無いもののチャージを大きく残せるため、最終的にかなりの差が出ます。
ただし壁ゴンしやすく、また成功率が30%程しか無い為、非常に難易度が高くなります。
洞窟の侵入前に左の壁に当たりやすく、侵入後に右の壁に当たりやすいという二重の罠が仕掛けてあり、
この二つを全てかわす事はほぼ不可能です。
成功すれば非常に速いスピードで抜ける事が出来ますが…
右ルートよりもこちらの方が速いというのは、比較動画を見れば明らかですね。
着地タイミングは皆川氏のヘビーの方が0.2秒程速いのに洞窟に入るタイミングはほぼ同じです。
故に今から更新を狙うならこちらをオススメします。

⑥洞窟内部の段差周辺
まず洞窟内部では出来るだけ壁ゴンを減らす事。
右ルートだと左の壁と、出口の右の壁に気をつけて。
左ルートだと段差前の右の壁に注意。
で、問題の段差ですがここも重要なポイント。
段差直後でプッシュを2〜3F程押して着地するだけ。
しかしこの速度故に難易度は非常に高く、着地出来ても減速したりしてしまいます。
コツは正直ありません。着地前に機体角度を合わせておく暇もありません。完全に勘です。
ある程度慣れると成功しやすくなりますが、1200周程した私でも成功率は40%程です。
真っ黒で段差が分かりづらいため、ある程度の経験が無いとどのタイミングで段差が来るかも掴めないでしょう。
失敗したらめげずに次の周に行きましょう。この段差について言えるのはそれだけです。

⑦ヘアピンカーブ
ここはスピンダッシュを使用しますが、注意点がいくつか。
まず、88km/h以下はスピンダッシュを使用すると遅くなります。
88km/h以下の場合はスピンダッシュせずに上弾きを使用しつつ段差でジャンプ、下降加速しながらゴールしましょう。
ここまでで最大で102km/hまで確認しました。速ければ速い程、最後の直線の速度が比例して上昇します。
89km/h以上の場合は、カーブの壁の側面に当たり、曲がり始める少し前にスピン入力しましょう。
スピン入力したらすぐにスティックを右にいっぱい倒す。
十字操作で右下に思いっきり入力すると、綺麗に曲がりすぎて大抵左のジャンプ台に直行するので注意。
曲がり終えたらスティックを離し、後は一切入力せずにそのままゴールします。
この辺は特にコツは無いです。慣れです。
最後に如何に速度を残せるかが記録の善し悪しに関わります。
スピンしている間は減速しますが、カーブ始め辺りからずっと昇りとなっている為、通常時は殆ど減速しません。
その為、大体直線に入って少ししたらスピンが終わってる辺りを目安にすればいいかもしれません。

これでゴール。

ある程度慣れればすぐに14秒台に乗せれるようになるでしょう。
最後まで読んで頂いてありがとうございます。駄文失礼しました。

第三回黒船杯 ドライブTASK部門 詳細要項

◆ドライブTASK部門
・ドライブモードによる課題達成タイムを競う部門です。
・基本課題2つと、自由課題を補正数選んでいただき、最大5つの課題をクリアするまでのタイムを競います。
・自由課題はマシンによってこなす数が違います。
・余分にこなした自由課題は得点として約7秒分加算されます。ただし、何度も同じ課題をこなす事は出来ません。
・2P以上でプレイする場合、基本課題のみ作業分担可能で、自由課題は各々の分だけこなしていただきます。

基本課題(最低限こなさなければいけない課題)
・スターポールを破壊する
・全ての課題を終えた上で空中庭園に到達する(厳密に言えば着地する)

自由課題(自由に選択出来る課題)
・地下のマシンを3つ以上破壊する
・三層エリアのいずれかのリフトに一回以上乗る
・コピールーレットに触れる
・空中のダッシュフープで3回以上加速する
・廃屋を2つ以上破壊する
・ウィスピーを泣かせる
・水車に一度以上巻き込まれる
・火炎龍に触れてダメージを貰う
・樹を7つ以上倒す
・一度以上カップインする
・灯台に着地する
・空中庭園頂上の傘に着地する

マシンによる課題数は以下のとおり。
・使用不可能
フライトワープスター、ドラグーン、ハイドラ
・自由課題数3
デビルスター、ロケットスター、ジェットスター
・自由課題数2
ワープスター、ウィングスター、スリックスター、ルインズスター、ウィリースクーター(Aバグ禁止)メタナイト
・自由課題数1
ライトスター、ワゴンスター、ターボスター、フォーミュラスター、ヘビースター、ウィリーバイク、デデデ大王

・特別枠
フォーミュラスター、レックスウィリー

こちらの2マシンに関しては、スターポールを破壊する必要はありません。
その代わり自由課題を2つこなして空中庭園にたどり着いていただきます。


得点計算式
(12500-記録×150)+余分攻略課題数×1000

第三回黒船杯 バトルロイヤル部門Returns 詳細要項

◆バトルロイヤル部門Returns
第二回バトルロイヤル部門の反省を活かしたリメイク版です。
4Pまで参加可能で、全員の撃破総数を加算します。
シティトライアルによるマシンの強化は可能。
前回同様、マシン別に得点倍率があります。
バトルロイヤル部門倍率
前回の反省を活かして、比較的緩やかな倍率補正にしました。

今回は、コピーにも得点倍率があります。
コピー倍率
強力なコピーを低レートにしました。
吸い込みや星形爆弾、スピン等のレートは一律100Pとなります。

得点計算式が少々特殊なので解説。
ワゴン使用でニードルで倒した敵が15、ソードで倒した数が15、ファイアで倒した数が5、吸い込みで倒した分が5だとすると、
+100Pの数が35、+150の数が5になるので、
3500+750で4250となります。
それにをした上でマシン倍率を掛けます。
つまり4250×1.1=4675となります。

前回と比べてかなり頭を使う事になると思いますが、頑張って高得点を目指しましょう!

フリーラン サンドーラ ウィリースクーター 00'42"87



こちらもとりあえずな更新。凄く微妙。
あと4秒、いや5秒は縮む可能性があります。
結局難易度は凄く高いです。遺跡前で変なジャンプする事もあって、それで1秒変わるしもう嫌。
ジェットみたいに、地下に潜る時に段差使ってジャンプする事も出来ます。難易度はジェット以上。アホか。
ギミックへの大ジャンプはどうあがいても2階以上は行けない模様。残念。
最初のSDが凄く難易度高いです。
スタートラインのポリゴンの隙間に反応して真上に飛ぶ事がしばしば。
そもそもあんな短いところじゃやりにくいし、上手く成功してもジャンプ出来なきゃ意味が無い。とにかく難しいです。

まあ気長にやりますかー…
ところで私とかまくらさん以外の人もそろそろスクーター本気で研究して欲しいんですけど如何でしょうか???

タイムアタック マグヒート ロケットスター 01'56"75


とりあえず更新しました。
いや、ブログの方も久しぶりの更新っすね。

とりあえず2分切りの軽いコツは、ちゃんとレシピを組む事。
重要なのは1周目、2周目。ぶっちゃけ3周目の中盤は適当に流してるだけでいいです。速すぎたら死ぬし。

1周目をどれだけ完璧にこなすかが重要です。
少なくとも41秒は切りたいところ。最速で39"80まで乗れました。
分岐レールまでは動画のとおり。
レール前のチャージダッシュのタイミングを調節して、上手い事レールダッシュ出来るように調節しましょう。

ここから全力で走らないとダメ。
頑張ったら火口前の敵を全員切り捌いて23秒前半には次のレールに到達出来ます。
レール到達の目安は23"80。少なくとも24"00までのタイムが目視で確認出来なかったらリセット安定です。
その後はフリーラン通りに走るだけ。慣れたら凄く簡単になります。速いかどうかは別ですが。
上手い事行くと、ダッシュプレートは奥中央に来る筈。覚えときましょう。
中央から少し左にずれてる可能性が高いので頑張って踏みましょう。手前のは気にするな。
手前のに乗ると、タイムは縮みますが高確率でチャージダッシュに失敗します。
フリーラン通りにダッシュプレートの上から既にチャージ溜め始めておきましょう。
また、ブルームハッターは吸い込まないようにしましょう。
ブルームハッターを吸い込んでしまったのなら一度チャージを解除しないと、ソードを吸い込めなくなります。(プッシュによる吸い込み判定の保存効果)
ソードを吸い込めないとほぼ2周目分岐レールに間に合わなくなるので、リセット安定です。

その後は適当に。
2周目分岐レールは40"60くらいのタイムだと結構余裕を持って間に合います。39"80でも真ん中にギリギリ行けます。決して速すぎるなんて事は無いので安心。

この記録は1周目が遅いので結構ギリギリですね。無理矢理真ん中に行ってるイメージ。でも速くなります。
後はボムを吹き飛ばして、ソードを吸い込み、敵を全員切る勢いで行きましょう。
コンベア乗り始め右にいるブルームは切り逃しやすいので注意。この記録も全て逃がしてます。
コイツ切るのと切らないので0.3秒は変わるので逃がしたく無いですね。

火炎竜ゾーンではダッシュプレート終了直後に豚共が待ち構えているので、ボムを吸い込むように心がけましょう。
豚を吸い込んだらリセット。まあFRに慣れてればそんな事は殆ど無いんですけど。

ゴールしたら、タイムを見ましょう。ここで1周目+2周目のタイムが79秒を切れてなければリセット安定です。
まあ1周目の都合上、2周目は38秒切ってなかったらぶっちゃけリセット安定です。

3周目はソードナイトを吸い込み、その後はばっさばっさ切りましょう。
動画はここで凄くミスってますね。ダッシュプレートスルー。
ダッシュプレートで最低でも170km/hは出しておきたいです。200km/hが出る170/hと比べると0.7秒は変わるかも。
レールに綺麗に乗って、チャージダッシュせずに斬る!斬る!斬りまくる!
ここは爽快感がマジでヤバいです。難易度も低いし。

あとは2周目と同じ。警戒するのは火炎竜を抜けたところ。
雑魚を吸い込んで吸い込み判定の保存を行っておくと、鳥を吸い込む危険は無くなります。
動画では豚をチャージダッシュの瞬間に吸い込む事で速度を飛躍的に上げています。(通常では98km/hくらいのダッシュが112km/hまで上昇)
あとは動画の通り、慌てずに進みましょう。
雑魚を吸い込んでいたのなら、最後はソードナイトを吸い込むのが安定します。

とりあえず1周目を綺麗にして2周目のレール分岐に間に合い、適当に走れば2分は切れます。
難易度は滅茶苦茶高いですが、頑張って下さい!

【タイムアタック】プランテス ターボスター 00'51"11


完成度高め。
やっぱりターボは完成度高いですな。

最初のチャージは無理矢理やっても普通より遅いみたいです。
でもsecretさんみたいに星形爆弾上手く扱えないから1周目は結局遅いですが。

【タイムアタック】コルダ ウィリースクーター 02'15"25



とにかく指が忙しいステージ。
右も左もやたら使います。

綿密な計算とかは殆ど必要じゃないから、私には向いてないかも。
私、これでも知能派なんですよ(蹴

多分10秒切れます。

【タイムアタック】チェックナイト ワープスター 03'21"82



クリアチェッカーの難関…らしい。
適当に走ってても3分30秒くらい行けると思うんだけどなあ。
この組み合わせは全てのチェックナイトTAでも特に走りやすく、チクワと読んでいます。
それでも細かいミスがちらほら。
01'06"50 - 01'05"00 - 01'07"00 - 03'18"50
を理論値とします。

【フリーラン】ヴァレリオン ジェットスター 00'37"23



なんていうか…もう、速すぎます。
おかしいです。

自分でもよく制御出来てるなあと感心するレベル。
これでもまだ縮まる要素があるという。

このルートでも36秒台は到達出来ると思うし、
あとは激流下りを「理論上可能」な連続ジェットダッシュで常時200km/hで駆け抜けるとほぼスクーターの上位互換に近い走りが出来る筈。
この場合は35秒台に乗れると予測しています。
影満さんやってよ!(他力本願)
プロフィール

ペリー

Author:ペリー
エアライドプレイヤーのペリーです。
このブログではカービィのエアライドの事しか殆ど書かないため注意して下さい。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。